アレンジ
somethin' fool 本間洋佑6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本間洋佑6

本間洋佑というベーシストは、「職人」である。ということを先日mixiに書いた気がするが、
昨日、JAMUSICAに行ってそれを再認識させれた。

本間洋佑グループ(ジャズ)
鈴木裕(vl) 渡辺文(cello) 古舘賢治(gt) 工藤拓人(pf) 長崎晃(dr) 本間洋佑(ba)

このライヴがあると聞かされたときに、
彼の最近の活動と共演ミュージシャンから
古舘さんのNPBバンドやテンポフェリスのようなブラジル系の選曲かと思った。
しかし、演奏が始まると期待は良い方向で裏切られた。

1曲目から怒涛のオリジナル連発である。
弦楽器を見事なまでに活かしたアレンジメントに思わず身を乗り出してしまった。
リズム隊はもう本間洋佑の盟友といってもよい長崎晃の丁寧なドラム捌き、
そして札幌が誇る若手ピアニスト工藤拓人の正確無比なピアノリズム。
それに古舘賢治の自由無比なそれでいて実に聴かせるツボを抑えたギターソロ。

そして今回一番の聴き所は鈴木・渡辺の弦楽器隊だろう。
心地よく、まるで遠い異世界に連れて行ってくれるようだ。
管楽器の布陣ではこうは行かなかったであろう。

一番最初に、本間洋佑は「職人」であると書いたが、
本間は自分の表現する音を求めて
メンバー全てを「職人」で固めてきたのだ。
本間自身が渾身のアレンジを書下ろし、
札幌屈指のミュージシャンがそれを料理する。
聞いていて身震いがした。
ホントにこれがまだ20代半ばの若者の作る音楽かと!

セカンドステージは彼の超大作である組曲ROOMシリーズ。
数年前にジェリコで聴いて以来であったが、
その時は管楽器の編成で
たしかに良かったのだが喉元に引っ掛かる何かがあったのだが、
作曲した本人も言っていたが
まさに弦楽器向きの曲だった。

ミニマムミュージックの技法を巧みに取り入れたこの組曲は、
なんども同じフレーズを輪のように繰り返しながら、
少しのズレやフレーズの複雑化などを少しずつ取り入れて行って
楽曲を構成していくと言う形で、
偶然性の音楽、即興演奏への反動ともとれる。
自分はジャズと言う音楽の範疇にとらわれることはないんだという
本間洋佑のささやかな抵抗を垣間見た気がした。

つまり、全てが完結していて、偶然に任せられない曲もあると言うことを
彼はジャズの手法で表現してしまったのだ。
これは革命である。

普段のジャズの聴き方とは全く違う、
限りなくオートマティックに近い音楽に身を委ね、その反復がずれていくプロセスを
味わいながら楽しむものなのだ。


ジャズといえばダイナミックな音の広がりがその醍醐味でもあるのだが、
この組曲はミニマムな、静的な反復進行から多様な広がりを見せている。
こんな曲を作り、さらにその可能性を表現してしまった本間洋佑はまさに
札幌のジャズ界の職人である。
自分のやりたい事をやったと彼は言ったが、
そこにジャズと言うカテゴライズにとらわれず、自由に音楽を楽しむんだと言う
なみなみならぬ意気込みが感じられた。

今後も本間リーダーのグループには注意が必要だ。

あ、曲紹介の時、
「僕の曲です」だけじゃなくてもうちょっと曲名とか喋った方がいいかもね!





























イエーイ、ちゃんまほん見てるー?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早起き生活
Powered by 早起き生活
プロフィール

NOB

Author:NOB
二度寝したいラーメン屋。
【お店の場所】
【営業時間】  平日11:30~15:00
土祝11:30~22:00
             日11:30~20:00

【定休日】 火曜日(祝日の場合は営業)
      毎月第3水曜日(祝日の場合は営業)
【Mail】 ramen.sinn@gmail.com

My Contact
skypeicon.jpgskype id=nob_percussion
i-mixi_20090322203310s.gifid=3466386
twitter.gifTwitterでフォローする

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。